応急処置のデータ更新

LCLが入居するトリトンスクエアでは年に2回大規模な防災訓練が行われています。

それとは別に、先日は応急処置についての講習会が開かれたので管理部門のメンバーは全員参加してきました。

 

骨折者が出た場合、身近なものを使って添え木代わりにしたり、意識の無い人は横向きに寝かせるとか、また力の無い人でも倒れた人を楽に横向きにさせる方法など知識として持っていなかった事を教わることができ参加した甲斐がありました。

 

以下はその時頂いた人工呼吸の時に使用するマウスピース。

相手の状況がわからない中で、場合によっては助ける側に危険が及ぶこともあるためこうした物を使っての行動が望ましいそうです。

 

救助の方法も時代とともに変化して過去の知識が陳腐化する事もあるため、こうした機会への参加でデータの更新は必要だなと感じました。

f:id:lcl-engineer:20170616191357j:plain